APとは

東京都特別支援学校
アートプロジェクト特別展

未来へ -心ゆさぶる色・形-

この度は、Web美術館「東京都特別支援学校アートプロジェクト特別展」専用サイトへお越しいただき、ありがとうございます。

東京都教育委員会では、特別支援学校で学ぶ児童・生徒の美術分野における優れた才能を多くの方々に知っていただき、障害者に関する理解促進を図るため、平成27年度からアートプロジェクト展を実施しております。

今年度は、「第6回東京都特別支援学校アートプロジェクト展」として開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に係る様々な影響を考慮し、会場での展覧会を中止することといたしました。

そこで、今年度は、これまで以上に多くの皆様に児童・生徒の芸術性の高い作品の素晴らしさを知っていただくために、専用サイトにおいて、「東京都特別支援学校アートプロジェクト特別展」として、Web上の美術館を開設することとしました。

本展覧会は、共同事業者である東京藝術大学とともに、「第5回東京都特別支援学校アートプロジェクト展」に展示された51作品を、Web美術館での展覧会用に撮影し、展示しております。

一つ一つの作品から伝わる臨場感や魅力を多くの方々と共有できますことを願っています。

本展覧会を通して、特別支援学校で学ぶ児童・生徒の才能あふれる作品を御覧いただき、作者を離れたところの作品から、それぞれの個性や思いを感じとっていただければ幸いです。

東京都教育委員会

Welcome to the website for the Tokyo Special Needs School Art Project Exhibition -Special Edition-.

The Tokyo Metropolitan Board of Education (Tokyo BoE) has held the Art Project exhibition since 2015, with the aim of more recognition for the students’ talent for art who go to special needs school. Through this project, we would like to further promote people’s understanding for handicapped people.

Thought we were planning to hold the 6th exhibition, from the view from prevention to the spread of COVID 19, we decided to cancel the exhibition at a venue.

Instead, we opened the website for art works as, “The Tokyo Special Needs School Art Project Exhibition -Special Edition-.” The website can be called the On-line museum. We hope a lot of people will see the website and get to know excellence of students’ works.

Co-sponsored by Tokyo BoE and Tokyo University of the Arts, 51 fine art works are exhibited online, which were exhibited last year at the 5th Tokyo Special Needs Schools Art Project. All the works were taken photos for the purpose of this online exhibition. We hope you feel as if you were seeing the real ones.

We would like you to grasp students’ personalities and passion for the works by seeing this website though you don’t have a chance to see the makers of each work.

Tokyo Metropolitan Board of Education

東京都特別支援学校
アートプロジェクト展とは

東京都教育委員会は、特別支援学校に在籍する、美術分野を中心とした芸術に優れた才能を有する児童・生徒を発掘し、その作品を発表する機会を設けることにより、都民に芸術活動を通して障害に対する理解を促進することを目的とし、平成27年度から特別支援学校アートプロジェクト展を実施して参りました。

平成29年度からは、都立学校だけではなく、国立・区立・私立の特別支援学校も応募対象に拡大しました。応募作品点数は、回を重ねるごとに増加し、初回開催時の439点から、昨年度は、972点となりました。

また、昨年度の第5回アートプロジェクト展には、東京藝術大学美術館・陳列館を会場として、12日間会期中3,600人を越える多数の来場者が訪れるなど、都民の関心が高まるとともに、好評を得ています。

応募作品は、東京藝術大学の各美術分野の教授等による一次審査、二次審査を経て、最終的に50作品が選定され、芸術作品として展示されます。

展示にあたり、専門家による詳細な計画を作成し、個々の作品の良さをさらに引き出すことができるように額装や展示台、照明機材などを厳選し、展示しています。

展示作業は、美術品専門の業者が丁寧に進めていきます。最後に、美術分野を専門とする照明業者が明るさや角度を調整した展示が完成すると、驚きの展示空間となります。

本アートプロジェクト展は、障害の有無という枠にとらわれず、子供たちの作品自体の魅力が人々の心をゆさぶる展覧会です。

東京都教育委員会